繁體中文 简体中文 Porpugues English 日本語
頭香

今年一年の運の良しあしはともかく、次の年はよい年であってほしい。そのような考えから、新年早々その年初めてのお香(頭香)で、神様にその年の幸運、無病息災、財運向上を願います。毎年陰暦の正月以外にも、毎日の卯の時(朝五時)、廟が開いて初めてのお香も頭香とされます。また、疎かにされやすいものとして、両手で胸の前で太極ポーズをして神に祈る「心香」がありますが、これはどこにいてもできます。しかし、頭香を争奪するときの混乱や功利は、この儀式の本来の意味に反しているような気もしないではありません。