繁體中文 简体中文 Porpugues English 日本語

路環三聖宮

紹  介

路環三聖宮はまたの名を金花廟と称し、同治四年(一八六五年)に建てられました。三聖宮は金華娘娘、観音菩薩、華公先師を祀っています。

正殿には金花娘娘、観音娘娘、華光大師の三体の神像があります。二百年余り前に、漁民が金花娘娘の像を路環に持って帰り、廟が建てられました。金花娘娘は子宝の神とされており、路環が栄えていたころには参拝客に絶えませんでした。

金光廟の門には「仙霊鋭気繞塩湾、幸福愉快賜路環」とあります。「塩湾」は路環の古称で、塩灶湾とも呼ばれています。

   

一九八八年、路環四廟慈善会が資金を集め、廟を再建しました。一九九二年、白蟻の被害を受け廟が壊れ、当協会が債権を行い、二〇〇二年に風雨の被害を受けた時も、当協会文化局が廟の改修を要求する公文を提出し、マカオ文化局により全面的な改修を行いました。当廟には歴史的価値が高い銅の古鐘があり、廟の一番の宝です。

 

住所:船人街

 


神 明


寫 真

   
當前播放音頻:路環三聖宮
 
路環三聖宮

路環三聖宮はまたの名を金花廟と称し、同治四年(一八六五年)に建てられました。三聖宮は金華娘娘、観音菩薩、華公先師を祀っています。

正殿には金花娘娘、観音娘娘、華光大師の三体の神像があります。二百年余り前に、漁民が金花娘娘の像を路環に持って帰り、廟が建てられました。金花娘娘は子宝の神とされており、路環が栄えていたころには参拝客に絶えませんでした。

金光廟の門には「仙霊鋭気繞塩湾、幸福愉快賜路環」とあります。「塩湾」は路環の古称で、塩灶湾とも呼ばれています。

   

一九八八年、路環四廟慈善会が資金を集め、廟を再建しました。一九九二年、白蟻の被害を受け廟が壊れ、当協会が債権を行い、二〇〇二年に風雨の被害を受けた時も、当協会文化局が廟の改修を要求する公文を提出し、マカオ文化局により全面的な改修を行いました。当廟には歴史的価値が高い銅の古鐘があり、廟の一番の宝です。

 

住所:船人街