繁體中文 简体中文 Porpugues English 日本語

氹仔北帝廟

紹  介

北帝廟は道光二十四年(一八四四年)に建てられ、菩提禅院に次ぐタイパ島でも大きな寺院です。廟には殿が三つあり、主殿は北帝殿で北帝を祀っており、偏殿は華光殿と関帝殿で、華光殿は華光大帝と金花娘娘を、関帝殿は関帝と財帛星君を祀っています。北帝廟はタイパ島唯一の拝亭のある公所系の廟で、毎年陰暦三月八日の北帝生誕記念には祭典が開かれます。

住所:地堡街嘉模前地

 


神 明


寫 真

   
當前播放音頻: 氹仔北帝廟 (上)
 
氹仔北帝廟

北帝廟は道光二十四年(一八四四年)に建てられ、菩提禅院に次ぐタイパ島でも大きな寺院です。廟には殿が三つあり、主殿は北帝殿で北帝を祀っており、偏殿は華光殿と関帝殿で、華光殿は華光大帝と金花娘娘を、関帝殿は関帝と財帛星君を祀っています。北帝廟はタイパ島唯一の拝亭のある公所系の廟で、毎年陰暦三月八日の北帝生誕記念には祭典が開かれます。

住所:地堡街嘉模前地