繁體中文 简体中文 Porpugues English 日本語

望厦康真君廟

紹  介

美副将大馬路普済禅院傍の望厦康真君廟は、嘉慶二十二年(一八一七)以前に建てられました。現存の建物は清代末期の光緒元年(一八七五年)に改修されたもので、対聯は:「道果尊天闕、威霊鎮海隅」です。現存の康公廟は二つあり、一つは康公を、もう一つは天后を祀っています。廟の中にある光緒時代の古碑「康真君廟嘗碑日誌」には、廟に残っている遺産が記されています。

住所:美副将大馬路2L楼となり


神 明


寫 真

   
當前播放音頻:望夏康真君廟(上)
 
望厦康真君廟

美副将大馬路普済禅院傍の望厦康真君廟は、嘉慶二十二年(一八一七)以前に建てられました。現存の建物は清代末期の光緒元年(一八七五年)に改修されたもので、対聯は:「道果尊天闕、威霊鎮海隅」です。現存の康公廟は二つあり、一つは康公を、もう一つは天后を祀っています。廟の中にある光緒時代の古碑「康真君廟嘗碑日誌」には、廟に残っている遺産が記されています。

住所:美副将大馬路2L楼となり