繁體中文 简体中文 Porpugues English 日本語

下環街福徳祠

紹  介

下環街福徳祠は同治七年(1868年)、清代末期に立てられた土地廟です。祀っている神は「威霊土地福神爺爺」つまり鎮守神で、ほかにも民間の神の財帛星君、地蔵五、紫薇正神、禄馬星君、天后などを祀っています。一番の特徴は現存の清から民国時代に至るまでの扁額が20以上残されていることで、時期的にも廟建立の同治七年から二十世紀三十年代と長期にわたります。

住所:河邊新街131号と133号楼の間


神 明


寫 真

     
下環街福徳祠

下環街福徳祠は同治七年(1868年)、清代末期に立てられた土地廟です。祀っている神は「威霊土地福神爺爺」つまり鎮守神で、ほかにも民間の神の財帛星君、地蔵五、紫薇正神、禄馬星君、天后などを祀っています。一番の特徴は現存の清から民国時代に至るまでの扁額が20以上残されていることで、時期的にも廟建立の同治七年から二十世紀三十年代と長期にわたります。

住所:河邊新街131号と133号楼の間