繁體中文 简体中文 Porpugues English 日本語

普済禅院

紹  介

普済禅院(俗称観音堂)は、マカオ特別行政区において最大の禅院であり、最大規模の廟です。普済禅院は中国古飛式の仏教建築で、明清期、中国南方の寺院の特色を残しています。普済禅院の始祖は石濂大汕(1633年―1705年)で、禅宗の南禅曹洞宗に属しています。主な建築物は高さ一丈八寸の金の三宝仏像を祀った大雄宝殿、長寿仏を祀った長寿仏殿、観音大士、十八羅漢を祀った観音殿の三つです。

殿堂には関山月(嶺南画派)、陳恭尹(嶺南三大詩人)や章太炎など、歴代の高僧や芸術家の書や絵画、文化財が飾られており、観光客の目を楽しませています。普済禅院は媽閣廟、蓮峰廟と並んでマカオ三大古刹の一つで、1992年にはマカオ八景に選ばれました。

 

住所:美副将大馬路2L楼となり

 


神 明


寫 真

     
普済禅院

普済禅院(俗称観音堂)は、マカオ特別行政区において最大の禅院であり、最大規模の廟です。普済禅院は中国古飛式の仏教建築で、明清期、中国南方の寺院の特色を残しています。普済禅院の始祖は石濂大汕(1633年―1705年)で、禅宗の南禅曹洞宗に属しています。主な建築物は高さ一丈八寸の金の三宝仏像を祀った大雄宝殿、長寿仏を祀った長寿仏殿、観音大士、十八羅漢を祀った観音殿の三つです。

殿堂には関山月(嶺南画派)、陳恭尹(嶺南三大詩人)や章太炎など、歴代の高僧や芸術家の書や絵画、文化財が飾られており、観光客の目を楽しませています。普済禅院は媽閣廟、蓮峰廟と並んでマカオ三大古刹の一つで、1992年にはマカオ八景に選ばれました。

 

住所:美副将大馬路2L楼となり