繁體中文 简体中文 Porpugues English 日本語

蓮峰廟

紹  介

蓮峰廟はマカオ三大古刹の一つで、マカオで建築規模が最も大きい寺院の一つでもあります。明の万暦の時期に立てられ、雍正、乾隆、嘉慶、光緒の時代の増築を経て、今日の規模に至っています。元の名前は天妃廟で、雍正元年に慈護宮に改名し、さらに、清・道光の時代に、香山県の長官許乃が、西岳・崋山に倣って、扁額に「蓮峰廟」と記しました。この名前が現在に至るまで使われています。


神 明


寫 真

     
蓮峰廟

蓮峰廟はマカオ三大古刹の一つで、マカオで建築規模が最も大きい寺院の一つでもあります。明の万暦の時期に立てられ、雍正、乾隆、嘉慶、光緒の時代の増築を経て、今日の規模に至っています。元の名前は天妃廟で、雍正元年に慈護宮に改名し、さらに、清・道光の時代に、香山県の長官許乃が、西岳・崋山に倣って、扁額に「蓮峰廟」と記しました。この名前が現在に至るまで使われています。