繁體中文 简体中文 Porpugues English 日本語

黄大仙

はじめに

祠内の『赤松子自述』によると、黄大仙は本名黄初平で、西暦328年頃に浙江省金華県蘭渓市に生まれました。十五歳の時に仙翁の指示を受け道を学びはじめ、赤松山の石室で修業に専念し、40年間俗世界から遠ざかった生活を送り、最後には法道を成しました。成道後は民間で懲悪し、医術を施しました。赤松山に隠居していたため、赤松仙子とも呼ばれています。

黄大仙

祠内の『赤松子自述』によると、黄大仙は本名黄初平で、西暦328年頃に浙江省金華県蘭渓市に生まれました。十五歳の時に仙翁の指示を受け道を学びはじめ、赤松山の石室で修業に専念し、40年間俗世界から遠ざかった生活を送り、最後には法道を成しました。成道後は民間で懲悪し、医術を施しました。赤松山に隠居していたため、赤松仙子とも呼ばれています。