繁體中文 简体中文 Porpugues English 日本語

壽星公

はじめに

壽星はまたの名を南極仙翁、南極老人星と呼ばれています。漢明帝は老人に特権を与えており、宴会で配られた王杖がその証明です。王杖は杖の頂部が鳩の彫像であるため、鳩杖とも呼ばれています。なぜこれを老人に送るかというと、鳩は食べ物がのどにつかえることはないとされているため、老人の健康長寿を祈るためだとされています。また、壽桃に関しては、王母娘娘の蟠桃会における特別な桃で、三千年に一度花開き三千年に一度実がなり、食べればすぐに不老不死の身になると言われています。壽星の杖は現在、元々の鳩がついていた王杖から桃の木の杖に変わっていますが、その変化は政治的な教化の機能が弱まっていることを象徴します。桃の木は無病息災、寿命延長の機能を持っているそうです。

男性の長者の誕生日を祝うときは、長い杖をついた白髭の「むっくりしたおじいさん」、壽星を祀り、女性の場合は「麻姑図」を祀ります。そのため、民間では麻姑が壽星だという伝説もあります。『神仙伝』では麻姑が、もう一人の仙人王方平と「五百年余りも会っていない」と述べており、その年齢がうかがえます。また、彼女は、「東海が桑畑になるのを三回見ている」と述べています。「海が畑になる」のは少なくとも一万年かかると言われていますが、それを三回も見ているということは、天地と同じくらいの年齢だということでしょう。

麻姑は天上の星ではなく、自分で修業して仙人になりました。彼女が修業していた場所は「麻承山丹霞宛陵洞天」と呼ばれ、道教三十六洞天のうちの二十八洞天、七十二福地のうちの第十福地です。唐代の有名な書道家、顔真卿が江西憮州刺史をしていた時に、有名な『麻姑仙壇記』碑を書き残しています。鬼城豊都の近くにも、「仙姑岩」、「麻姑岩」など、麻姑が修業または住んでいたところが残されています。

壽星公

壽星はまたの名を南極仙翁、南極老人星と呼ばれています。漢明帝は老人に特権を与えており、宴会で配られた王杖がその証明です。王杖は杖の頂部が鳩の彫像であるため、鳩杖とも呼ばれています。なぜこれを老人に送るかというと、鳩は食べ物がのどにつかえることはないとされているため、老人の健康長寿を祈るためだとされています。また、壽桃に関しては、王母娘娘の蟠桃会における特別な桃で、三千年に一度花開き三千年に一度実がなり、食べればすぐに不老不死の身になると言われています。壽星の杖は現在、元々の鳩がついていた王杖から桃の木の杖に変わっていますが、その変化は政治的な教化の機能が弱まっていることを象徴します。桃の木は無病息災、寿命延長の機能を持っているそうです。

男性の長者の誕生日を祝うときは、長い杖をついた白髭の「むっくりしたおじいさん」、壽星を祀り、女性の場合は「麻姑図」を祀ります。そのため、民間では麻姑が壽星だという伝説もあります。『神仙伝』では麻姑が、もう一人の仙人王方平と「五百年余りも会っていない」と述べており、その年齢がうかがえます。また、彼女は、「東海が桑畑になるのを三回見ている」と述べています。「海が畑になる」のは少なくとも一万年かかると言われていますが、それを三回も見ているということは、天地と同じくらいの年齢だということでしょう。

麻姑は天上の星ではなく、自分で修業して仙人になりました。彼女が修業していた場所は「麻承山丹霞宛陵洞天」と呼ばれ、道教三十六洞天のうちの二十八洞天、七十二福地のうちの第十福地です。唐代の有名な書道家、顔真卿が江西憮州刺史をしていた時に、有名な『麻姑仙壇記』碑を書き残しています。鬼城豊都の近くにも、「仙姑岩」、「麻姑岩」など、麻姑が修業または住んでいたところが残されています。